快適な家づくりのための
大切な土地探し

LAND PLAN土地えらび

快適な家づくりの前の大事な土地探し

土地探しといって、そうそう自分にとって理想の 土地というモノは簡単に見つかるものではありません。
ここでは、皆様に一般的に不動産会社任せになってしまう土地の探し方を ご自身でもチェックしていただくために土地探しの大事なポイントなどを 中心に記載しています。
SETP01まずは予算を決めてから、土地を見に行きましょう。
予算の範囲内で気にった土地があれば、それに越したことはないのですが、そう簡単に見つかるものではありません。
いいと思っても、大幅に予算をオーバーするようであれば、その土地は再考するべきです。
建築の予算を削らなければならないために、思う家が建てられなかったり、その後の生活を圧迫することにもなりかねません。
自分たちの生活と収入をしっかりと考えて、予算を決めましょう。
SETP02どんな家が建てられるか。自分たちでも調べましょう。
ほしい土地が決まったら、そこにどんな建物を建てることができるのかなどを調べ、問題がなければ契約に進みます。
ここでは手付金や仲介手数料を支払います。
契約の内容を細部まで確認してから印鑑を押すようにし、漏れのないように充分気をつけましょう。
わからないことや、不明な点を曖昧にしておくのはトラブルの元です。
SETP03いよいよ決済。しっかり確認をして進みましょう。
売買契約を終えたら、必要に応じて住宅ローンの申し込みをします。必要な手続きが完了したら、残金・諸費用の決済をします。
ほとんどの場合、土地の登記は、決済と同時に行われています。
土地えらび

信頼できる不動産屋さんを。


土地の場合は特に大きな買い物になるので、不信感や警戒心が強くなるのは当然です。かといって、大手だから・・・、小さい不動産屋さんだから・・・というのは、あまり関係がありません。
親身になって対応してくれるそんな会社が一番です。無理矢理、購入を急がせたり調子のいいことばかり言ってくるトコロはNGです。
不動産の知識が豊富なのは勿論、住宅ローンや資金計画を含め物件のメリットもデメリットも話してくれる不動産屋さんがオススメです。

土地選びのポイント


斜面を切り開いて作られた分譲地は、雛段のようになっている場合が多く平らな土地を作るために盛土がされている事があります。
そうした盛土部分は軟弱になっている場合があります。
また、土地を支える擁壁に水抜き穴が設置されているか?機能するか?等も確認しておきましょう。
このほか将来性も大きなポイントです。近くに大きな空き地がある場合、マンションはじめ、大型の建物が建つということも考えられます。

チェックポイント

  • 上下水道、ガスなどのライフラインの整備
  • 駅・バス停、学校や公共施設までの距離
  • 近くにスーパーや商店街があるかどうか?
  • 近くに工場やごみ焼却施設などがあり、騒音・振動、悪臭などの問題はないか?
  • 日当たり、風通し、景観などはどうか?
土地えらび土地について
   しっかり考える

土地についてしっかり考える

土地の価格はどうやって決まっているの?

私達が土地を購入する時の価格は実勢価格であり、市場原理に基づいて需要と供給の状態から 価格が算出されています。景気の動向や立地条件など要素によって変動するため、その土地の価格が適正かどうかを知る事は、とても難しいことです。 ただ、日本では下記のような方法が目安として利用されています。
【公示価格】
国土交通省が土地鑑定委員会に依頼して、基準地となる土地の価格を調査するものです。 政府が公用地を買い取る場合や適正な地価の目安として利用されます。 毎年3月下旬頃に発表されています。
【基準地価格】
都道府県が年に1度、各地の不動産鑑定士などに依頼して、毎年7月1日時点の適正価格を 公表しているものです。 公示価格と共に一般の土地取引の指標となっています。
【路線価】
道路に面している宅地の1?あたりの価格を調査したものです。 税金の評価基準になるのが路線価で相続税や贈与税の評価などにも用いられます。

購入後の不安や失敗を無くす。

例えば、狭小土地のように土地が狭いと上に伸ばす(3F建てにする)ケースが非常に 多いのですが、エリアによって建築基準法から、3F建てにできない場合もあります。 購入の際は、自分の希望するプランの家が建てれると思っていても 実際に、購入後に工務店に依頼すると 「出来ない・建築費用が沢山いる」等といった このような問題が結構たくさんあります。
こうした購入してからの問題については様々な問題がありますが、 不動産会社の中には、土地さえ売れば・・・ という考えの方もいらっしゃいますので、中々相談しにくい環境であることも 問題の1つです。だから、自分たちでも知識をある程度持ち判断するようにしましょう。

土地の広さは全て使えるとは限らない

購入前にしっかりご自身でも土地について調べて把握してください。
例えば「建ぺい率」「高さ制限」など色々な法的条件があり、それによって建てられる 家の形状・プランも決まってきます。 購入後に、思っていたプランができない!などが極力無いように購入を検討している 土地があれば、事前にしっかり調べていきましょう。 土地については、市役所・区役所(都市計画課、建築指導課)などで調べることができます。アーキ工房でも、お気軽にご相談ください。
  • 参考1

    盛土や切り土による傾斜地では、斜面は敷地面積に含まれていますが、この部分に建物を建てるのは容易でありませんし、その為の建築費が必要となることも念頭に入れておかなければなりません。

  • 参考1

    角地の「すみ切り」部分や私道は敷地の一部でも当然ながら建物は建てられません。有効な敷地面積から減るということになります。

  • 参考1

    幅4m未満の道路に面した敷地も、道路の幅が4mあるものとみなされ、敷地に後退させて(セットバック)道路幅を確保しなければなりません。当然その部分には建てられません。
    ※地域によっては6mを最小道路幅とする場合もあります。

こうした、土地は一般的にお得感(値頃感)がある価格が付けられがちですが、最も大事な後の建物を建てる際に、様々な問題や予想以上の費用がかかる場合があります。購入前にしっかり相談できる、工務店・不動産会社を見つけるのが最も良い方法でしょう。

ここすむここすむ

資料請求

お問い合わせ