アーキ工房の家づくりに
関わるメンバー

MEMBERメンバー

中川 恵洋

建物を作るのは人。だから気持ちが大切

代表取締役社長中川 恵洋

建物を作るのは人。
だから気持ちが大切

家づくりには、沢山の人間が関わり合います。全員がチカラを合わせ、同じ方向を向かなくては絶対に良い家は建ちません。
私達は、家づくりにかける情熱と本当の意見を言い合える仲間である事だけには自信があります。出会ったお客様と永くパートナーであり続けるため、これからも妥協無き家づくりを考え、努力し続けていきます。

中川 恵洋

現場の心と気持ちをひとつに

現場監督東 正春

現場の心と
気持ちをひとつに

現場監督をして早いモノで約40年が経ちます。嬉しかったこと・辛かったこと思い出せば様々な思い出がありますが、その沢山の経験があって、今アーキ工房で満足のいく仕事をさせてもらっています。
少しでも妥協や気になるところを見過ごすことは出来ない性分で、会社にとってマイナスになることもお客様にとってプラスなら躊躇せず(ためらわず)決定できる環境がココにはあります。
よい家を建てるこつ?それはメンバーですよ。家づくりに携わる人たち。
昔と違い家づくりには機械の使用頻度が増えましたが、やっぱり「人」。人が家を建てています。 私は職人をまとめる役割ですので、職人との信頼関係は大事。 少し気になったことも、言葉や態度でコミュニケーションして意思疎通を図ります。
沢山の人間が関わり合う家づくり、これからも全員が自分の仕事に専念できるよう縁の下でサポートしていきます。

中川 恵洋

沢山の専門家たちがあなたの味方です。

アドバイザー小野 映子

沢山の専門家たちが
あなたの味方です。

家族が語らう「リビング」・・・疲れたぁーって。帰ってきて・・・ホッとする空間。自然と友達が集まり・賑やかになるお家・・・
一緒に「キッチン」に立ってみると、ワイワイ・ガヤガヤ会話も弾んで、お料理ってこんなに楽しかったっけ?と思う瞬間・・・
玄関先の「ガーデニング」・・・季節ごとの花や緑が、太陽の下できらきら。眩しい光が生まれるお庭・・・
そんな『お家』を建てましょう。私達ができること、精一杯お手伝いします。
アーキ工房には、どんな事でも、気軽に相談できる専門家が沢山います。

中川 恵洋

誰からも認められる大工を目指して

工事担当大浜 有起

誰からも認められる
大工を目指して

沖縄から出て大阪で建築の勉強をし、今は大工の修行中で す。小さい頃によく祖父の家に行き遊んでいて、 そこで沖縄の昔ながらの家をみて過ごしているうちに気が付けばこんな家をたててみたいと思うようになっていきました。
まだまだ未熟ですが、誰からの為に誰かに喜んでもらいたい・・・その気持ちだけは強く思っています。
その気持ちについていく実力を身に付けるように頑張っていきたいです。

中川 恵洋

大工一筋45年。子供の頃からの夢

大工徳地 清光

大工一筋45年。
子供の頃からの夢

仕事へのこだわり? 自分のこだわりはありません。ただお客さんに喜んでもらえる仕事をすること。それだけは妥協せず一生懸命やってきました。大工は子供の頃からの夢で15歳の頃から始め、ちょうど45年になります。他の仕事を考えたことや、この仕事が嫌で辞めようと思ったことは不思議と無かったです。無我夢中でやってきたからかな?
「大工」というのは常に勉強だから一人前というのは無いと思うし、だからこそ楽しい。勿論、上手くいかなくて辛いときもあるけれど、考えて考えてそれで上手くいったときは、最高に嬉しいですね。
アーキ工房でこれからもこの仕事を全うしていきたいと思います。

中川 恵洋

休日は孫と遊ぶか、仕事道具の整理です

大工田村 辰雄

休日は孫と遊ぶか
仕事道具の整理です

生まれたのは兵庫の山奥で田舎から大阪へでて大工の修行を始めました。今年でもう40年になります。
子供の頃は車も少ない田舎だったのもあり、単純に車に乗れるタクシー運転手にもあこがれていました。 大工の仕事に就いたきっかけは、ほんとに偶然だったんですが大工になってからは寄り道せず現在に至り、コツコツやってきて良かったと思います。
もう2人の孫もいる年齢になりましたが、孫にも手に職の持てる仕事を選んでもらいたいと思います。
これからは多少のんびりと、孫たちと畑で野菜などを育ててみたいです。

中川 恵洋

小さくても大切な事を忘れない会社

お客様サポート中川 博美

小さくても大切な
事を忘れない会社

アーキ工房は、社長中川の考えが沢山詰まった会社だと思っています。中川自身は、頑固で・厳しく・こだわりのある人間で、それは妻である私が日頃から見てきています。今までに、幾度も会社を手広く・大きくするタイミングや機会はありました。 ただその時に、自分達のしている仕事へのこだわりが無くなり、妥協が増えるのであれば、辞めようという中川の考えで、地道に今までやってきました。
そのおかげで、納得のいく仕事とよいお付き合いがお客様とも出来、自分たちの考え・こだわりは間違いでは無かったと感じることが出来ています。
これからも、中川を筆頭にスタッフメンバーが皆、同じ気持ちで自分たちの大切にしている事へのこだわりを妥協せずに、やっていきたいと思います。

ここすむここすむ

資料請求

お問い合わせ